上京を考えている、皆さんは『夢』はお持ちですか?

上京自体が夢と言う方もいるかもしれませんし、上京して何かを成し遂げる事が夢の人もいるかもしれません。

今回は夢を持つ事について少し考えていきたいと思います。

夢は持つべきなのか?

まず基本的な事ですが、『夢』は必要なのでしょうか?
よく目にする『夢を持て!』なんて言葉もありますが、これは間違っていないと思います。

しかし、この言葉勘違いされやすいのが『大きな夢』というイメージに縛られてしまう事ではないでしょうか?

『アイドルになりたい』『バンドで成功したい』『海外で暮らしたい』など、人生で達成する事だけが『夢』では無いと僕は考えます。

例えば『彼女を作りたい』だって立派な夢だし、『可愛いカフェでバイトしたい』『銀座の○○で美味しい食事を食べたい!』だって夢だと思います。
当然

大きな事だけが『夢』だと思っていると、簡単に『夢』は持てませんがこう考えると簡単に出てくるのではないでしょうか?

夢は人生に100も200もあっていい物なのです。

夢にイメージでブレーキをかけない

また夢ややりたい事を考えるとき、絶対無理!などとイメージでブレーキをかけることも夢を持てなくなる原因ですね。

これはこうだから無理なんて考えていると、どんどんと視野が狭くなっていきます。

あまりに無謀すぎる事は考え物ですが、出来る限りイメージでブレーキをかける事とやめてみる事で可能性が広がります。

夢(目標)が明確になると人は不思議な力を発揮します。やる気ってヤツですよね!様々な面でワクワクしたり、悔しい思いをしたりして人生に色が付いていくようになります。

結果としては出来なくても『夢』を持って行動する事が大切だと僕は考えます。

夢を発見するプロセス

こうは言っても今まで考えた事が無い人は、なかなか簡単には出てこないのでは無いでしょうか?

そこで、試してもらいたい方法は
ノート等にやりたい事『50個』を書き出すという方法です。

本当は100個位書きたいところですが、そう簡単には出てこないと思います。
なのでまずは50個やってみたい事を書いてみてください。

ポイントは先ほども言ったイメージでブレーキをかけない事です。

『週2日だけ働いて暮らしたい』
『世界を時間をかけて見てみたい』
『外国人の彼氏,彼女を作りたい』
『週1回マッサージに行きたい』
『毎年沖縄に旅行に行きたい』
『親孝行をしたい』
と言った事から
『○○で食事をしたい』
『資格を取りたい』
『スペイン語を覚えたい』
等なんでもありです。

夢として考えるのではなくて『やってみたい事』と考えるとイメージが広がるかもしれませんね。

夢が出来たら行動へ

さて夢を考えただけでは意味がありません、出来る範囲から具体的に動いていきましょう。

時間を捻出する事で出来るのであればその方法を考える。

お金が必要なのであれば貯める方法を考える。

技術が必要なのであれば勉強する。

夢から目標からへ、目標から計画へ、計画から実行へ。一歩からでもいいので行動してみましょう。

今回上京で言えば、
『資金を貯める』
『資金無しでも上京する方法を考える』
『親を説得する』
『具体的に仕事を探してみる』
などですね。

『夢』は具体的に動き出すことでさらに輝きだすと思います。

貴方も今日から『夢』を持ってみませんか?