全国展開の賃貸住宅仲介いい部屋ネット。・

『いい部屋♪いい部屋ネット~』の

特徴的なCMは誰でも一度は目にしているかと思います。

このいい部屋ネットは、全国で200万件を超える物件を扱っていて、特に首都圏の物件は豊富にありますので、上京する学生さんが部屋探しをするには調度良いところでしょう。

今回はいい部屋ネットの特徴や評判をチェックしていきましょう。

いい部屋ネットは2種類ある?

まずいい部屋ネットの評判と特徴を見る時に知っておきたい大事な事を書いておきます。

いい部屋ネットには『いい部屋ネット 大東建託』と『いい部屋ネット』が存在するのです。
おそらく皆さんが知っているのは、ただの『いい部屋ネット』かと思います。

このサイトですね↓

このサイトは「いい部屋ネット」を作っている大東建託が自社の店舗以外の賃貸物件も含み紹介している、ポータルサイトなんです。
だから、他のミニミニやエイブルなどの物件なんかも紹介されているんですね。

SUUMO(スーモ)やCHINTAIなんかと一緒ですね。

だから、こちらは店舗などは無いので、評判もなにも無いんですよね。

それに対して、『いい部屋ネット 大東建託』は、店舗を持つ実際に自社物件を紹介しているサイトです。

今回評判と特徴を書いていくのは『いい部屋ネット 大東建託』のほうです。
ちょっとややこしいですが、いい部屋ネットの店舗を使う場合の記事って考えてもらえばいいですかね?

いい部屋ネット 大東建託の特徴

では、本題に入って、いい部屋ネットの特徴をみていきましょう。

メリット、デミリット別に分けて説明していきますね。

いい部屋ネットを利用するメリット

いい部屋ネット大東建託の最大の特徴とメリットは『DK SELECT』の存在です。

いい部屋ネットの店舗では、他の大家さんが管理している物件ではなく、自社で管理している物件が紹介してもらえます。

この物件ではDK SELECT会員になれ、いろいろな特典があって利用価値が高いものです。

会員になりますと、マイページが利用できて、そこで会員情報の確認変更及び色々なサービスが使えます。

サービスは色々種類がありますが、

  • 『サポート24』
    賃貸物件を借りている時の様々なトラブルに、即座に無料で対応するサービス
  • 更新手数料なし
    一般の不動産屋ですと、契約更新の時に仲介手数料をとるところが多いですが、いい部屋ネットは更新時の仲介手数料をとりません。
  • Club Off
    施設利用料が割り引かれたり、そこで何かを購入する時に優待価格が適用されたりする施設の優待サービス
  • 駐車場 時間貸しサービス
    賃貸物件に付属する駐車場を時間単位で借りれるサービスも受けられます。

などが一例です。

もっと知りたい方は、ホームページのDK SELECTとはをチェックしてみてください。

この他にも結構ぜいたくなサービスが受けられるので、この『DK SELECT』は『いい部屋ネット大東建託』の最大の特徴でメリットです。

また、これは他の大手物件でも増えてきていますが、仲介手数料がゼロあるいはあっても家賃の0.5ヶ月分の物件もあります。
敷金、礼金もゼロの物件も多く、入居する時の費用が節約できます。

いい部屋ネット デミリット

いい部屋ネットのデメリットは、物件によって当たり外れがあるところです。

現在はだいぶ改善されているようですが、自社で賃貸住宅を建てているため、非常に雑な作りだった時があるようです。

この物件は今でも残っており、特に騒音問題など悪評として多いようですが、扱っている物件が膨大ですから避けられない面もあります。
騒音問題はアパートですと避けられないことですが、外れを引いた人にとっては損をした感が大きいでしょう。

もし部屋を見に行った時、隣や上の部屋などが空いていたら、隣にも同時に入らせてもらい、足音や話し声などをチェックしてみるのも有効な対策だと思います。

また、上記でDK SELECT会員の話をしましたが、これは大東建託の賃貸住宅に入居していないと会員になれません。
いい部屋ネットで紹介している物件には、大東建託のものもありますが、そうでないものもあります。
もし大東建託以外の物件に入居した場合には、DK SELECT会員になれないので、メリットがあまりなくなるかもしれません。

同時に言えるのは、自社物件が中心なので物件数は非常に少なく、選べる幅が非常に狭いというのデミリットかもしれません。

いい部屋ネットの評判

これは先ほど少しネタバレしましたが、騒音問題に繋がる悪評がなどが多いですね。

※これは他の会社でも言えるのですが、こういった業界のネット上の評判は基本的には良い評判より、悪評が目立ちやすいです。

あくまで評判は参考程度に考えてくださいね!